【実食】秋の味覚『梨』の食べ比べ!全6種類どれが1番おいしいの?

秋の果物と言えば、みなさん思い浮かべるのはやっぱり『梨』ではないでしょうか?

今年はご縁があって倉吉農業高校さんで栽培されている梨を6種類いただくことになりました。

せっかくなので、6種類を食べ比べていきたいと思います!

どれが1番美味しいか?というよりも好みの梨を探すという感じになりそうですが、味や食感等記していくので、スーパーで梨を選ぶ際や、進物用に考えている方の参考になればと思います。

スポンサーリンク

秋栄(あきばえ)

甘味 ★★★☆☆

酸味 ★★★★☆

硬さ ★★★★★

秋栄は、まずなんと言ってもびっくりするのがその硬さ!梨ってこんなに硬かったっけ?と思うくらいでした。皮を剥く時に上手く包丁が入らないくらいなので手を切らないよう注意してください。

食べてみた感じも固くザクザクと歯ごたえがしっかりしていました。個人的にはとっても好みな硬さ!

さっぱりとした甘みで少し酸味が強めな秋栄は今まで食べた梨で1番好きかもしれません。

新甘泉(しんかんせん)

甘味 ★★★★★

酸味 ★☆☆☆☆

硬さ ★★★☆☆

どーんと届いた新甘泉は一玉がとっても大きかったです!500gくらいかな?1つ300円とお高めたのもうなずける。

1番驚いたのは、口に入れた瞬間の濃い甘さ!あっまい!と声が出るほどでした。酸味はほとんどありません。

なんか食べたことあるなーと思ったら、あれですね!まるでしっかり熟した柿!目を瞑って食べたら間違えそうなくらい似ています。

食感も硬すぎず程よい硬さでしたが、少し舌に残る感じがありました。甘さが強いせいかな?

大きさ甘さはさすが人気の新甘泉という印象でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました